Last Up Date
2006.11.24

ホームページ上から各本のページ内容を確認するリンク方法です。
  レンタルサーバーの限られたデータ容量の中で、各本の全ページ掲載はデータサイズの関係で難しい場合があります。
当サイト上にあるデータに直接リンクすることで、サーバーの容量を気にせずに全ページを紹介することができます。
 
1. ページの開き方--指定サイズで別の窓を開いて表示する。
 

単にページへリンクするだけですと、皆さんのサイトのページの表示されている窓を切り替えてリンク先のページを表示してしまい元に戻りにくくしてしまったり、また本のページのサイズに関係ないサイズで開いてしまい、見にくい状態になってしまいます。

そこで、JavaScriptを使って指定したサイズの別の窓を開いて表示する方法を使います。

通常のリンクですと

  <a href="http://create-a-book.jp/books/gab/baby/cv.html" target="_blank">ようこそ!あかちゃん </a>
  の様にHTMLで設置します。
サンプル=>ようこそ!あかちゃん
 

一応ページも表示されますが、ブラウザーのツールバーも表示されていたりサイズも画面サイズで表示されてしまいますので、ユーザーにとって見やすい状態とは言えません。

   
  そこで次の様にリンクをJavaScriptを使って書きます。
  <a href="#" onClick="window.open('http://create-a-book.jp/books/gab/baby/cv.html','','width=780,height=560')">ようこそ!あかちゃん</a>
 

サンプル=>ようこそ!あかちゃん

  これでしたら、必要なサイズの窓が開くだけなので、リンクを置いてあるページへもすぐ切り替えできますし、見た目もスマートです。
大人向け、子供向けのページを比較しながら見たりするにも便利です。
   
2. サンプルページをカスタマイズして使う
 


自分でJavaScriptを書くのが難しい、大変と思われる方、HTMLのタグを書かずにページ作成ソフトを使われている方はこちらのサンプルページをダウンロードしてカスタマイズしてご利用頂けます。

またこのページのリンク部分をコピーペーストしてご自身のページにリンクを置く事もできます。

   
  サンプル=>本の種類一覧ページ
   ブラウザーの「ファイルメニュー」から保存(名前を付けてページを保存)してください。
   
 

このページは表紙の画像ファイルまで全て外部リンクとして作られています。お使いのHP作成ソフト上では画像リンク切れの状態で表示されるかもしれませんが、ブラウザーでプレビューすると画像が表示されます。

このファイルを一度ローカルフォルダー(お使いのPC上のWebページのフォルダ)に保存して、トップページからリンクを張ったり、戻りリンクを作ったり、デザインを統一したりご自由にカスタマイズした後、サーバーにアップロードしてお使い下さい。

   
3. 番外編--画像の元ファイルが必要な方はダウンロードページから各1冊づつのデータをZipファイルにてダウンロードしてご使用下さい。
   
  ご不明な点は info@create-a-book.co.jp までお問合せ下さい。
  その他、掲示板でもご相談下さい。
 

追記
ホームページ作成に関する基本的な事項は“ホームページ入門”等のキーワードで検索される初心者向けのサイトで調べる事ができます。

例)

  やさしいホームページ入門 http://www.ink.or.jp/~bigblock/index.html
   
   
 

お問い合せ info@create-a-book.co.jp
※上記以外の質問、疑問、
また、このコーナーで取り上げて欲しい事項
等のリクエストもお待ちしております。


©CREATE A BOOK JAPAN
許可なく掲載内容の使用を禁じます